動画の知恵袋

動画にぼかしを入れてみましょう

動画にぼかしを入れてみましょう

動画というものは、様々な編集をする音ができます。
最近では、デジタルのデータで動画を撮影しますので、編集がかなりしやすくなっているわけです。
ちょっとした画面効果などを加えるような編集も手軽にできます。
素人の方でもうまくできますので、ちょっとした動画編集も全く問題ないわけです。
その画面効果というものですが、「ぼかし」というものがあります。
あまり移ってほしくないものが写ってしまった場合に対処できるものになります。
ぼかしというものですが、動画編集で単に入れるだけではありません。
ぼかしの強弱なども設定できます。
少し見えづらくすればいいのであれば薄いもので問題ありません。
動画におそれほど大きな影響を与えません。
一方で強いぼかしを入れることもできます。
もとになにが写っていたのかもはっきりと分からないくらいのぼかしまで入れられるわけです。
どうしても写って欲しくないものが写っていたら強めのぼかしを入れて対処しましょう。
少し動画としては不自然さが出てきてしまうかもしれません。
しかし、そういった部分についても対処できるという機能は素晴らしいでしょう。
もちろん、ぼかしの範囲も細かく設定できます。
ぼかしを入れたい範囲を設定して機能を活用しましょう。